米国/日本高等教育エンゲージメント研究からの結論

 

​日米高等教育エンゲージメント研究(USJP HEES)のウェブサイトには、2017~2020年に取得された特定時点データの分析結果に基づくデータが視覚化されている他、ファクトシートが掲載されています。

データ視覚化により傾向、パターン、パートナーシップ活動の外れ値が特定されている一方で、ファクトシートにより物理的またはバーチャルな交流、共同研究、コンソーシアム、共同学位プログラム、人材開発イニシアチブ、分校に関する背景や重要情報が提供されています。

データの視覚化やファクトシートの掲載に加え、USJP HEESの調査報告では、高等教育機関、政策立案者、その他の利害関係者に対し、現在の日米の機関パートナーシップの事例研究の例や日米二国間の活動を強化するための提言をおこなっています。

今後、ACEが日米高等教育機関のパートナーシップ活動や、連携に関する追加報告データを受け取り、それらを分析することにより、調査結果が更に発展する予定です。

 

​​データを調べる 

交流
交流
学生の移動性を高めるために、両方の米国と日本政府と大学レベルの努力を考えると、海外の学生の交流/研究では、米国、日本の高等教育のパートナーシップのための最大の現在の活動です。
研究
研究
共同研究や交換は、政府と産業界の関係者とのコンソーシアムを含む米国と日本の高等教育機関のためのより大きなスケールでの正式な機関レベルの活動に取るように拡大しています。