研究活動の結論に戻る

日米の高等教育システムの間には顕著な差異がありますが、それにもかかわらず共同研究や交流は日米の高等教育機関のパートナーシップ活動のきっかけとして存在感を増しています。

日米の高等教育の強みとは、新型コロナウイルス感染症への対応を含む共同研究、デジタル経済、国家安全保障に焦点を置いた投資のスクリーニング、量子科学、人工知能、宇宙探査、バイオサイエンス、および幅広い新興技術などにおいて価値観を共有していることです。詳細については、ファクトシートをダウンロードしてください(PDF)。


データ

データビジュアライゼーションの中央下にある矢印ボタンを使用して、ページ間を移動してください。 ビジュアライゼーションの右下にある角度の付いた両端矢印ボタンをクリックすると、データビジュアライゼーションを全画面に展開できます。


研究を探る

本研究について
本研究について
USJP HEESの方法論、スポンサー、パートナー詳細については、こちらをご覧ください。
研究から資源
研究から資源
USJP HEESは、米国と日本の高等教育機関のパートナーシップ間の学術交流、研究、および労働力開発において重要な役割を果たしている仲介者によって共有される集計データを分類します。
研究提言
研究提言
本研究の結果に基づき、USJP HEESは、高等教育機関、政策立案者、企業、ステークホルダーなどに対して、日米二国間の活動を強化するための提言を行っています。​