教室を超えたバーチャルエクスチェンジ/COIL:関西大学の米国パートナー機関への影響

藤井 ミッシェル,池田 佳子

グローバル化が進む世界は、2020年の新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって甚大な影響を受けています。高等教育機関は、学生に有意義な国際教育と異文化体験を提供するための次のフロンティアとして、バーチャルエクスチェンジ(VE)/COIL(Collaborative Online International Learning、海外とのオンライン協働学習)に注目しています。関西大学は、新型コロナウイルス感染症による危機がもたらす課題を、米国や世界のパートナーとともに国際的な高等教育を推進するチャンスに変えようとしています。関西大学では、COILのような実践方法を採用して既存のカリキュラムを国際化するなど、キャンパス内でさまざまなIaH(Internationalization at Home、大学の内なる国際化)の取り組みを行っています。

日本の高等教育機関(HEI)におけるコンピテンシーベースのバーチャルエクスチェンジの実践は、日本では早稲田大学のCCDL(Cross-Cultural Distant Learning )プログラムに20年以上の歴史がある一方で、関西大学は2014年に国内でのCOILコンセプトの先駆者となりました。関西大学が最初にCOILを導入した相手は、ニューヨーク州立大学(SUNY)COILセンター(米国)でした。著者(関西大学、池田佳子)とSUNY COILセンターのグローバルパートナーネットワークのコンサルタントであるジョン・ルービン氏が2013年に京都で開催された会議で出会ったことがきっかけとなり、両機関にとってメリットのあるパートナーシップが実現しました。当時関西大学は、「Intercultural Immersion Initiatives:トリプル・アイ構想」と呼ばれる新しい国際化戦略の策定を進めていました。この戦略では、関西大学の3万人の学生がグローバルな学習をより身近に感じられるようにするための全学的な取り組みの一環として、COILをベースとした教育プログラムを導入することが明確に示されていました。関西大学の経営陣は、SUNYとのパートナーシップ契約の可能性を認識しており、2014年6月、関西大学は日本の大学として初めてSUNY COILグローバルパートナーネットワークに参加しました。その後まもなく、関西大学とSUNY間でのCOIL科目が開講され、2014年秋学期には、SUNY COILセンターと文部科学省の協力を得て、関西大学で初めての国際COILシンポジウムが開催されました。

Picture of a group of foreign exchange students smiling and posing.

COILプラスモビリティプログラム、2019年、ニューヨーク州立ファッション工科大学と関西大学。

関西大学は、その後の4年間でCOILの提供を急速に拡大していきました。そして2018年には、5年間の文部科学省の大学の世界展開力強化事業(2019年度)の助成金を受ける一環として、関西大学は国際部グローバル教育イノベーション推進機構(IIGE)を設立しました (Inter-University Exchange Project (Reinventing Japan), 2018)。IIGEは、教員による各COIL科目の設計をサポートすることで、学生がグローバルなエンプロイアビリティ(就職力)だけでなく、将来のグローバルな問題の解決に役立つ能力を備えることを目的とし、「Future Ready」に繋がる、将来に役立つスキルの育成に注力しています。文部科学省の助成金は、日米の高等教育機関の間でVE/COILのパートナーシップを促進することを主な目的の一つとしています。関西大学は、COILのトレーニングや機関同士のネットワーク構築の機会、日本の他の9つの機関およびそれらの米国のCOILパートナー機関への支援を提供することを目的として、文部科学省によって採択されました。

日米COILパートナーシップ・コミュニティの構築

2018年から2020年にかけて、IIGEは米国内の12の大学とだけでなく、世界各国とのCOILパートナーシップを構築してきました。COILプロジェクトの共同推進を意図して、ジェームス・マディスン大学、西ワシントン大学、クレムソン大学、ニューヨーク州立大学ファッション工科大学、ニューヨーク州立大学アルバニー校などと新たにパートナーシップを締結しました。

関西大学では、6年間で69のVE/COIL科目を実施し、多様な分野の学生2,436名が受講しました。また、国内外のCOILパートナーとのネットワークを構築し、これには、米国の以下の23機関との間で実施した42のCOILプログラムが含まれます。

ペンシルベニア州立大学ビーバー校
ニューヨーク州立ファッション工科大学
ナッソー・コミュニティ・カレッジ
カリフォルニア大学バークレー校
ハワイ大学カピオラニ・コミュニティ・カレッジ
ハワイ大学ヒロ校
ジェームス・マディスン大学
イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校
クレムソン大学
ニューヨーク州立大学アルバニー校
ゼイビア大学北アリゾナ大学
北イリノイ大学
西ワシントン大学
デポール大学
ミラ・コスタ・カレッジ
東オレゴン大学
テキサスA&M大学
ヴィンダービルト大学
オッターベイン大学
テキサス工科大学
ワシントン大学
ミシガン州立大学

特に成功した例としては、関西大学IIGEとSUNYネットワークの大学とのパートナーシップが挙げられ、2014年からほぼ隔年でCOILに取り組んでいます。

学生の派遣・受け入れは必ずしもパートナーシップの前提条件ではありませんが、最近では、IIGE、ニューヨーク州立大学アルバニー校、そしてファッション工科大学(FIT)の3校間で、2019年4月から2020年2月にかけてCOILを実施しました(U-Albany KU-COIL Plus Program, 2019)。このCOILは、2019年6月のFITの学生数名による関西大学のキャンパス訪問に至り、2020年2月には関西大学の学生が米国の両大学のニューヨークキャンパスを訪問することで締めくくられました (FIT students’ Visit Kansai University, Institute for Innovative Global Education, 2019)。現時点では学生のモビリティは中止されていますが、IIGEは、パートナー大学とのCOILプロジェクトの一環として、将来的にCOIL Plusモビリティプログラムが再開されることを願っています。

新たな絆の構築

2020年12月、IIGEはALLEX財団(Alliance for Language Learning and Educational Exchange)と提携し、「language learning focused COIL」(LLC)の推進を共同で行うことになりました。ALLEX財団は、米国に拠点を置く非営利団体で、米国とカナダの教育機関における質の高い東アジア言語プログラムの設置を促すプログラムを運営しています。日本語プログラムを持つ米国の大学と日本の大学を繋げ、学部・大学院レベルの学生対象の言語学習や共同プロジェクトを実施しています。ALLEX財団を通して、関西大学はテキサス工科大学、ヴィンダービルト大学、オッターベイン大学の3校とLLCで提携し、今後は国内の他の高等教育機関とのLLCへの拡大を目指しています。。

Picture that shows a street in Japan, and three headshots of students smiling.

UMAP-COILジョイントオナーズプログラム、2019年、IIGE。

関西大学のCOILパートナーシップの多くは言語学習の場から始まりましたが、その後COILのオンライン形式に適した、様々な学際的レベル(interdisciplinary level、 cross-disciplinary level、 multidisciplinary level)で行われるようになりました。このようなバーチャルな交流体験を通じた国際教育カリキュラムの変革は、IIGEの優先事項であり、焦点でもあります。このようなプログラムの代表例としては、UMAP-COILジョイントプログラムや関西大学協定/交流オンライン学習(KU-EOL)プログラムが挙げられます。

IIGEにとって、パートナーシップの構築は二者間だけでなく、多国間レベルでも行われます。IIGEは、13カ国以上の230以上の大学(米国のメンバー機関を含む)で構成されるUMAP(University Mobility in Asia and the Pacific)コンソーシアムと緊密に連携し、2019年度と2020年度において共同COILプログラムを実施しました。2019年度のプログラムは主に学生のモビリティを基本としましたが、2020年度には完全にオンラインで行う7週間のサマープログラムを提供しました。14カ国から集まった約140名の学生が、国連の持続可能な開発目標(SDGs)に関連する主要な現代社会問題を協働研究しました。

また、2020年秋のKU-EOLプログラムには、関西大学の海外協定大学から応募する学生を募りました。これまで国内の学生のみに向けてキャンパスで行われていた授業が、オンラインで行われ、外国人学生にも門戸が開かれました。このプログラムは大変好評で、学生を本プログラムに参加させることを目的に関西大学とパートナーシップ契約を結ぶ大学もありました。このプログラムには、11カ国の17大学から100名以上の学生が応募し、そのうち20名が米国からの参加でした。この成功を受けて、2021年度には大規模なKU-EOLプログラムが計画されています。


執筆者について

関西大学の国際部グローバル教育イノベーション推進機構(IIGE)特任コーディネーターである藤井ミッシェルと同機構副機構長池田佳子。